子育て しつけ わがまま

子供の教育環境

 

 

"私が小学5年生の頃、親の転勤で生徒数の多いところから少ない所へ転校しました。転校先は田舎の学校で直ぐにクラスの女子に目をつけられ、全員から無視をされ、給食は一人で食べるのは当たり前、先生も気付いているのに見て見ぬふりという余りにも悲しい小学校生活を過ごしました。私だけなら気にしていなかったのですが、一緒の小学校に通っていた弟まで色々言われていたそうです。

 

中学校に上がり、地元の中学校だったのでそのまま持ち上がりでしたが、部活に励み同級生とはあまり仲良くもなく、悪くもなくという関係を築いていました。

 

そして、結婚をし子供が3人産まれ今、長女が小学1年生になりました。長女の通っている小学校は昔ながらの土地にある小学校の為、父母の母校という子供が多いそうです。主人も転勤がある仕事をしているので、子供が転校を余儀なくされてしまう可能性が高く、付属小学校に入れば転勤したとしても、授業はさほど変わらない授業が受けれるのではないかと、小学校受験を考えました。しかし、長女は泣いて嫌がったので、受験を受けるのを辞めました。"

子供の一番の理解者であればいいのかな。

 

 

私と同じような状況に置かれている長女が心配ですが、時代も変わり、余り構え過ぎるのも良くないのかなと考えるようになりました。教育環境について子供が自分で考えて行動し、伸び伸びとした子供に育って欲しいと考えた結果、今の小学校にしようと思ったので、私達が子供に対して色々言うこともないのかと思います。ただ小学校であった話を聞いてやり、何かあってもお母さんは貴女達の味方だよという事を言い続け、子供を信じてやればいいと思います。子供には良い環境で勉強が出来ればと思っていましたが、それがその子に本当に良い環境なのかは子供が大きくならないとわからない事だと思います。確かに勉強も大切ですが、他の沢山の子供達との日々の関わり合いの中で、大切なものが沢山あるのではないかと考えます。私は小学生時代に辛い思いをしましたが、私の母親は何も聞かずに側に居てくれました。私もいつも子供達に寄り添って問題が起きたら一緒に悩み、一緒に考えて、一緒に成長していければと思います。

こんな記事も読まれています♪